ドイツのクリスマス/German Christmas

(クリスマスツリーのお話)

もみの木に飾り物をつけるようになったのは、

16世紀、ローマ・カトリック教会からプロテスタントを誕生させた宗教改革の中心人物マルティン・ルターと言われているそうです。

クリスマス礼拝の夜に、森の樹木の間から見えた星の輝きに心を奪われたルターは、子供たちにもこの光景を見せてあげたいと思いつき、

もみの木を持ち帰り、星の変わりにロウソクを灯し枝に飾り、

森とキラキラ星を家の中で表現し、子供たちに見せたそうです。

中世ヨーロッパでは、子供たちの夜の外出は許されていませんでした。

飾られたロウソクの灯りは子供たちの瞳に、

喜びと感動と癒しと夢をめぐらしたでしょうね!

喜んだ子供たちを見たルターは、友人や知人に一夜の出来事を話し、

又子供たちもどんなに綺麗な光景だったかをお友達に伝え、

これがドイツ中に広まり、世界に広がっていったそうです。

クリスマスツリーは、ドイツから始まったんですね!

写真は、ローテンブルグです。

ドイツ・ニュルンベルグのサンタさん!

クリスマス市は、可愛らしいものばかり並んでいて、乙女心が爆発でした。

市場で食べて飲んだソーセージとビール、そしてホットワイン美味しかったなぁ~♪☆^^☆”

This is Santa from Nuremberg, Germany.

Germany's Christmas market

All the cute things were lined up, and the maiden's heart exploded.

Sausage and beer,

And the hot wine was delicious ~ ♪ ☆ ^^ ☆ ”


Origin of Christmas market)

The reason why fir trees are decorated is

It is said that Martin Luther is the central figure in the Reformation who gave birth to Protestantism from the Roman Catholic Church in the 16th century.

On the night of Christmas worship, Luther was fascinated by the brilliance of the stars seen through the trees in the forest, and wanted to show his children this sight.

He brought back a fir tree, lit a candle instead of a star, and hung it on a branch.

He expressed the forest and glittering stars in the house and showed them to the children.

In medieval Europe, children were not allowed to go out at night.

The decorated candlelight is in the eyes of children,

You must have had joy, emotion, healing, and dreams!

Luther saw the happy children and

I told his friends and acquaintances what happened.

The children also told their friends how beautiful the fir tree was.

It seems that this spread all over Germany and spread all over the world.

The Christmas tree started in Germany!

皆様、素敵なクリスマスをお迎えくださいね!

今夜は「クリスマス・シアター欧州4ヶ国」

↓よろしかったら輝きのクリスマスお楽しみください!

Satsuki Natsukawa Official site

…Eye trip!… Memory of the journey 訪問した国 48ケ国 夏川さつき 公式サイト

0コメント

  • 1000 / 1000