クロアチアの旅・トロギール/Croatia Trogir

古都トロギールは、1997年UNESCO世界遺産に登録されました。

城壁に囲まれた小さな島で、隣にあるチオヴォ島と本土と橋でつながっています。

2300年にわたって続いた植民都市としての歴史を持つトロギール。

石畳の入り組んだ旧市街には13~15世紀の建物が多く、

古代ギリシャやローマ、ヴェネツィア共和国など、

大国の豊かな影響を受けた文化が混在しているエリアとして有名です。

Croatian Trip-Croatia Trogir

In 1997, the ancient city of Trogir was registered as a UNESCO World Heritage Site.

It is a small, walled island connected to the neighboring island of Thiovo by a bridge to the mainland.

Trogir has a history of 2300 years as a colonial city.

There are many buildings from the 13th to 15th centuries in the cobbled old town.

Ancient Greece, Rome, Republic of Venice, etc.

It is an area where cultures that are richly influenced by the great powers are mixed.


橋を超えるとトロギール博物館があり、

その前を進んでいくと、観光の中心イヴァン・パヴァオ・ドゥルギ広場があります。

市庁舎や時計台、そしてトロギールを代表する建築物・聖ロブロ大聖堂があります。

13世紀に着工され17世紀まで建設が続きました。

ロマネスク、ゴシック、ルネサンスなど、異なる建築様式が混在した建物だそうです。

Crossing the bridge is the Trogir Museum

Proceeding in front of it, you will find the tourist center Ivana Pavla

Durgi Square.

There is a city hall, a clock tower, and St. Lobro's Cathedral, a building that represents Trogir.

正面入り口の門の両端に彫られたアダムとイヴの彫刻は、ロマネスク美術の傑作と称賛されているそうです。

The sculptures of Adam and Eve on both ends of the front entrance gate are said to be praised as masterpieces of Romanesque art.

アドリア海の潮風が吹き抜ける路地裏。

The back alley where the sea breeze of the Adriatic Sea blows through.

港の市場には新鮮な野菜や果物、

トリフやオリーブオイル等が色彩豊かに並べられて、

地元の人や観光客で賑わっていました。

Fresh vegetables and fruits are available at the markets lined up in the harbor.

The truffles and olive oil are lined up in a colorful way.

It was crowded with locals and tourists.

次回は、ローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿が

そのまま旧市街になったアドリア海最大の港町スプリットへ!

Next time, the palace of Roman emperor Diocletian's

To Split, the largest port city in the Adriatic Sea, which has become the old town!


Satsuki Natsukawa Official site

…Eye trip!… Memory of the journey 訪問した国 48ケ国 夏川さつき 公式サイト

0コメント

  • 1000 / 1000