BLOG

クロアチア南部の半島にあるスプリットは、

首都ザグレブに次ぐクロアチアの第2の都市です。

3世紀、内戦が絶えなかったローマ帝国を安定させたディオクレティアヌス帝は、

20年間ローマ帝国を統治した後に即位しました。

そして生まれ故郷のサロナに近いスプリットに宮殿を建てて

残りの生涯をここで過ごしました。

政治手腕に才能があった人物でしたが、元々は貧困層の出身でした。

キリスト教が広まるのを恐れ、強硬な弾圧を行った人でも有名です。

ローマ帝国が衰えると共に、宮殿は廃墟になりましたが、   

その後人々が住み着き、中世以降の建物と宮殿が融合して町となりました。

今も人々が住み生活をしている非常に珍しい歴史を持つ稀な世界遺産の町です。

Located on the southern peninsula of Croatia, Split is Croatia's second largest city after the capital Zagreb.

Diocletian, who stabilized the Roman Empire in the third century with a constant civil war, reigned after 20 years of reign.

He built a palace in Split and spent the rest of his life.

Although he was a talented political figure, he was originally from the poor.

He is also famous for his hard-line crackdown, fearing the spread of Christianity.

As the Roman Empire declined, the palace was abandoned,

After that, people settled in, and the buildings and palaces from the Middle Ages merged into a town.

It is a rare World Heritage town with a very rare history where people still live and live.

宮殿の前庭ではクラパと呼ばれる男性合唱団がアカペラでコーラスをしていました。

パフォーマンスにはとても癒されました。

In the front yard of the palace, a male chorus called Klapa is a cappella healing chorus!

旧市街の真ん中には、昔温泉施設があったそうです。

いまでも硫黄が湧いているそうですが、

現在は魚市場ができていて、アドリア海の新鮮な魚介類が並べられていました。

温泉場に生魚が並んで良いのか?とも思いましたが、

生臭さが全然なかったのには驚きました。

海岸を埋め立てて造られた宮殿前のプロムナードには、レストランやカフェが並んでいて、古代ローマからの歴史の風を感じながら、オープンテラス席でお茶を楽しみました。

There used to be a hot spring facility in the middle of the old town.

It seems that sulfur is still springing up.

There is now a fish market where fresh seafood from the Adriatic Sea is lined up.

Is it okay to line up fresh fish in the hot spring area? I also thought, but I was surprised that there was no fishy smell at all.

The promenade in front of the palace, which was reclaimed from the coast, was lined with restaurants and cafes, and was filled with tourists enjoying tea on the open terrace while feeling the breeze of history from ancient Rome.

そしてアドリア海岸最大の港町スプリットは

アドリア海クルーズの人気の美しい寄港地でした。

ヨットハーバーを目の前にランチをしていたら、クルーズ船の旅も楽しみたくなりました。

And the largest port city on the Adria coast, Split

It was a popular and beautiful port of call for Adriatic cruises.

If you were having lunch in front of the yacht harbor

I also wanted to enjoy the cruise ship trip.

健やかで、平和で、楽しんで、喜んで

そして更に

世界中の人々に

大きな歓びが訪れる年でありますように☆^^☆”

Healthy, peaceful, enjoyable and willing

And even more

May the year be happy for people all over the world ☆^^ ☆ ”

今年

YouTubeチャンネル

夏川さつきの「創作缶」

旅でヒントを得て創作しました物語を只今準備中です

私が今できる事を頑張る2021年にしたいと思っております

どうぞ皆様、本年も宜しくお願いいたします

This year

YouTube channel Satsuki Natsukawa's "Creative Can"

I'm preparing a story that I created with a hint from my trip.

I want to do what I can do now in 2021

We look forward to working with you this year as well.

Natsukawa Satsuki

(クリスマスツリーのお話)

もみの木に飾り物をつけるようになったのは、

16世紀、ローマ・カトリック教会からプロテスタントを誕生させた宗教改革の中心人物マルティン・ルターと言われているそうです。

クリスマス礼拝の夜に、森の樹木の間から見えた星の輝きに心を奪われたルターは、子供たちにもこの光景を見せてあげたいと思いつき、

もみの木を持ち帰り、星の変わりにロウソクを灯し枝に飾り、

森とキラキラ星を家の中で表現し、子供たちに見せたそうです。

中世ヨーロッパでは、子供たちの夜の外出は許されていませんでした。

飾られたロウソクの灯りは子供たちの瞳に、

喜びと感動と癒しと夢をめぐらしたでしょうね!

喜んだ子供たちを見たルターは、友人や知人に一夜の出来事を話し、

又子供たちもどんなに綺麗な光景だったかをお友達に伝え、

これがドイツ中に広まり、世界に広がっていったそうです。

クリスマスツリーは、ドイツから始まったんですね!

写真は、ローテンブルグです。

ドイツ・ニュルンベルグのサンタさん!

クリスマス市は、可愛らしいものばかり並んでいて、乙女心が爆発でした。

市場で食べて飲んだソーセージとビール、そしてホットワイン美味しかったなぁ~♪☆^^☆”

This is Santa from Nuremberg, Germany.

Germany's Christmas market

All the cute things were lined up, and the maiden's heart exploded.

Sausage and beer,

And the hot wine was delicious ~ ♪ ☆ ^^ ☆ ”


Origin of Christmas market)

The reason why fir trees are decorated is

It is said that Martin Luther is the central figure in the Reformation who gave birth to Protestantism from the Roman Catholic Church in the 16th century.

On the night of Christmas worship, Luther was fascinated by the brilliance of the stars seen through the trees in the forest, and wanted to show his children this sight.

He brought back a fir tree, lit a candle instead of a star, and hung it on a branch.

He expressed the forest and glittering stars in the house and showed them to the children.

In medieval Europe, children were not allowed to go out at night.

The decorated candlelight is in the eyes of children,

You must have had joy, emotion, healing, and dreams!

Luther saw the happy children and

I told his friends and acquaintances what happened.

The children also told their friends how beautiful the fir tree was.

It seems that this spread all over Germany and spread all over the world.

The Christmas tree started in Germany!

皆様、素敵なクリスマスをお迎えくださいね!

今夜は「クリスマス・シアター欧州4ヶ国」

↓よろしかったら輝きのクリスマスお楽しみください!

古都トロギールは、1997年UNESCO世界遺産に登録されました。

城壁に囲まれた小さな島で、隣にあるチオヴォ島と本土と橋でつながっています。

2300年にわたって続いた植民都市としての歴史を持つトロギール。

石畳の入り組んだ旧市街には13~15世紀の建物が多く、

古代ギリシャやローマ、ヴェネツィア共和国など、

大国の豊かな影響を受けた文化が混在しているエリアとして有名です。

Croatian Trip-Croatia Trogir

In 1997, the ancient city of Trogir was registered as a UNESCO World Heritage Site.

It is a small, walled island connected to the neighboring island of Thiovo by a bridge to the mainland.

Trogir has a history of 2300 years as a colonial city.

There are many buildings from the 13th to 15th centuries in the cobbled old town.

Ancient Greece, Rome, Republic of Venice, etc.

It is an area where cultures that are richly influenced by the great powers are mixed.


橋を超えるとトロギール博物館があり、

その前を進んでいくと、観光の中心イヴァン・パヴァオ・ドゥルギ広場があります。

市庁舎や時計台、そしてトロギールを代表する建築物・聖ロブロ大聖堂があります。

13世紀に着工され17世紀まで建設が続きました。

ロマネスク、ゴシック、ルネサンスなど、異なる建築様式が混在した建物だそうです。

Crossing the bridge is the Trogir Museum

Proceeding in front of it, you will find the tourist center Ivana Pavla

Durgi Square.

There is a city hall, a clock tower, and St. Lobro's Cathedral, a building that represents Trogir.

正面入り口の門の両端に彫られたアダムとイヴの彫刻は、ロマネスク美術の傑作と称賛されているそうです。

The sculptures of Adam and Eve on both ends of the front entrance gate are said to be praised as masterpieces of Romanesque art.

アドリア海の潮風が吹き抜ける路地裏。

The back alley where the sea breeze of the Adriatic Sea blows through.

港の市場には新鮮な野菜や果物、

トリフやオリーブオイル等が色彩豊かに並べられて、

地元の人や観光客で賑わっていました。

Fresh vegetables and fruits are available at the markets lined up in the harbor.

The truffles and olive oil are lined up in a colorful way.

It was crowded with locals and tourists.

次回は、ローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿が

そのまま旧市街になったアドリア海最大の港町スプリットへ!

Next time, the palace of Roman emperor Diocletian's

To Split, the largest port city in the Adriatic Sea, which has become the old town!


クロアチアがユーゴスラビアであった頃の大統領チトーさんの名を冠したチトー広場!

ここはかつて島だったロヴィニ旧市街と本土を隔てていた海峡を埋めて、

陸続きにして、その時に造られた街の中心広場だそうです。

真ん中には、誇らしく魚を手にする少年の像の噴水!

Tito Square bearing the name of President Tito when Croatia was Yugoslavia!

It filled the strait that separated the mainland from the old town of Rovinj, which was an island.

And it is said that it is the central square of the city that was built at that time.

In the middle is a fountain of a statue of a boy proudly holding a fish!

海に面した開放感あるチトー広場はレストランやカフェも多く、

港にはクルーズ船が発着する桟橋やマリーナもあって、

又、ロヴィニは芸術家の街としても有名で、アートを扱うお店もあちこちにあり、

リゾート地らしいロヴィニの雰囲気を味わえるリッチ感漂うエリアでした。

There are many restaurants and cafes in Tito Square, which faces the sea and has a feeling of openness.

There is also a pier and marina where cruise ships arrive and depart at the port,

Rovinj is also famous as a city of artists, and there are many shops selling art.

It was a rich area where you can enjoy the atmosphere of Rovinj, which is typical of a resort area.

ロヴィ二の旧市街の一番高い場所に、この町のシンボル的な存在

聖エウフェミヤ聖堂があります。

4世紀初め、ローマ皇帝ディオクレティアヌス帝は、

自分を神としての崇拝を強要した。

崇拝できなかった聖女エウフェミアは迫害されました。

At the highest point in the old town of Rovini,

The symbolic presence of this town

There is the Basilica of St. Eufemiya.

At the beginning of the 4th century, Roman emperor Diocletian

Forced worship as a god.

Saint Euphemia, who could not be worshiped, was persecuted.

円形闘技場で猛獣に殺される刑を宣告されたエウフェミアは

自らの苦難と殉教を神に祈ったそうです。

その時ライオンは、ただ彼女の傷を舐めただけで殺す事はしなかった。

最後は野生の熊に足に小さな傷を与えられ、彼女は死んだとされています。

She was sentenced to be killed by a beast in the amphitheater.

At this time, Euphemia prayed to God for hardship and martyrdom at the arena.

At that time, the lion just licked Euphemia's wound and did not kill it.

Finally, a wild bear inflicts a small wound on Euphemia's leg,

It is alleged that she died because of it.

そして不思議なのは、

彼女の亡骸はコンスタンチノープルのハギヤ・エウフェミア教会に収められましたが、

ある嵐の夜に彼女の亡骸を収めた石棺は忽然と姿を消し、

ロヴィニの沖に船に載せられて現れたそうなんです。

その石棺がこの教会に収められ、

それ以降エウフェミア教会と呼ばれるようになったそうです。

And the strange thing is

Her corpse was housed in the Hagia Euphemia Church in Constantinople.

However, on a stormy night, the sarcophagus containing her corpse disappeared suddenly.

And it seems that he appeared on a ship off the coast of Rovinj.

The sarcophagus was housed in this church, and since then it has been called the Euphemia Church.

教会からは、旧市街と海を眺めることが出来、絶景の撮影ポイントです。

そしてアドリア海の透明度は抜群です!

From the church, you can see the old town and the sea, which is a great view shooting point.

And the transparency of the Adriatic Sea is outstanding!

そして最後にクロアチアの郵便屋さん!

医療従事者の皆さんに癒しを届けてね!

そして、喜びと幸福も届けてね!

ポストマン!

And finally the Croatian postman

Also, please deliver healing to medical professionals!

And deliver joy and happiness!

Postman!

美しいアドリア海を望む小高い丘に建つ町ロビニィ。

イタリアとの国境に近いイストラ半島の西側にある港町で、

岬の先端にできた町です。

500年以上もヴェネツィア共和国の影響を受け繁栄した歴史を持ち、

ヴェネツィアの雰囲気が漂うロマンチックな町!

海沿いには城壁のように家が並び、中世には要塞の役目を果たしていました。

港の前には市場があってオリーブオイルやハチミツなどが売られています。

岬の高台にロヴイ二のランドマークの聖エウフェミア教会が町を見守っていました。

Loviny is a town built on a small hill overlooking the beautiful Adriatic Sea.

A port town on the west side of the Istria peninsula near the Italian border

It is a town at the tip of the cape.

It has a prosperous history influenced by the Republic of Venice for more than 500 years.

A romantic town with a Venetian atmosphere.

Houses lined up along the sea like a castle wall, and in the Middle Ages it served as a fortress.

There is a market in front of the harbor where olive oil and honey are sold.

On the hills of the cape is the church of St. Euphemia, a landmark of Lovini.


旧市街の入口バルビ門には、ベネチアの守護聖人のサンマルコの翼のあるライオンのレリーフが刻まれています。

The Barbi Gate, the entrance to the Old Town, is engraved with a relief of the winged lion of San Marco, the patron saint of Venice.

バルビ門を潜ると迷路のような石畳の路地。

ひしめき合うように建っている石造りの家並みに、

カフェやレストランが並び、ロマンチックな映画のワンシーンに迷いこんだようでした。

A maze-like cobblestone alley when you dive down the Barbi Gate.

In the stone houses that are built so as to be crowded together

Cafes and restaurants lined up, and it seemed like I was lost in a romantic movie scene.

路地裏がとてもロマンティック!

路地裏散策がとても楽しい町です。

The back alley is very romantic!

It's a very fun city to walk around.

クロアチアに入国した夕刻に、とても不思議な空!

皆さん、これは何に見えますか?

私は郵便屋さんのような・・・

何かを運んでくれたのかな?・・・何かな?・・・

楽しみです!💛

A very mysterious sky in the evening when I entered Croatia!

What does this look like, everyone?

I'm like a postman ...

Did you carry something? ···What?・ ・ ・

 am looking forward to.

(ブレット湖/Lake Bled)

別名"アルプスの瞳"という名を持つスロベニアを代表する観光地です。

It is a tourist destination representing Slovenia with another name "Eyes of the Alps".


早朝から湖畔散策!

静かな湖にうっすらと靄がかかり、幻想的な湖の景色に心を奪われました。

Take a walk along the lake from early morning!

The quiet lake was slightly hazy and I was fascinated by the fantastic view of the lake.

遠くから見ると綺麗なエメラルドグリーンの素敵な湖です。

伝統のプレトナ・ボートに乗って湖の真ん中にある自然の島、ブレッド島へいきました。

15世紀に建てられた聖マリア教会(聖母被昇天教会)へ誘う99段の階段を登って教会に入りました。

It is a wonderful lake with beautiful emerald green when viewed from a distance.

We took a traditional Pretona boat to Bled Island, a natural island in the middle of the lake.

I entered the church by climbing the 99 steps leading to the church of St. Mary (Assumption of the Virgin) built in the 15th century.

祭壇には、黄金に輝く聖母マリア像。

その手前には鐘楼の鐘を鳴らす紐が下がっています。

鐘を鳴らすと願い事が叶うとか・・・

On the altar is the golden statue of the Virgin Mary.

In front of it is a string that rings the bell of the bell tower.

Ringing the bell will make your wish come true ...

ある若い女性が城から小さな鐘を湖に投じ、

亡くなった最愛の夫の蘇生を願ったそうなんです。

でも願いは叶うことなく、女性は尼僧となり修道院で一生を終えました。

A young woman throws a small bell from the castle into the lake

He said he wished for the resuscitation of his beloved husband who died.

But the wish did not come true,

and the woman became a nun and ended her life in the monastery.

時のローマ法王は、人々の奇跡への願いを永遠に輝かせるために、

教会に鐘を寄贈したそうなんです。

ローマ法王さま、素敵!

その鐘を思いっ切り鳴らしてきました。

The Pope of the time said that he donated a bell to the church to make people's wishes for miracles shine forever.

I rang the bell with all my might.

私の願いは・・・叶いました!

My wish has come true!

ボルダーズビーチは、サイモンズタウンというリゾート地のような小さな町の海岸線にあります。

ケープタウンと喜望峰の真ん中辺りにあって、どちらからも車で40分程で着くそうです。

このビーチは野生のペンギン、アフリカ原産唯一のケープペンギンを近くで楽しめる

世界で唯一のビーチだそうです。

ビーチには遊歩道があるので、近くでペンギンを見る事ができました。

あまりの可愛さに興奮して、写真撮りまくりになりました!

この興奮の後、ガイドさんはペンギンが直面している問題をお話してくれた。

人の生活圏の近い場所に、ペンギンのコロニーがある事で、

人間との共存の問題、車の事故、環境汚染や気候変動、魚の乱獲によって

ペンギンの餌となる魚が激減し、絶滅危惧種に指定された事、等々・・・

私達人間にとっても他人事とは思えないお話でした。

動物たちの未来の為に・・・未来を生きて行く子供たちの為に・・・

この地球を守る為に・・・

私達は、今・・・

私営のマプラ動物保護区で、

広いアフリカの大地をいく3頭のキリンを見た!

それはそれは何と表現したらよいのか分からない

とても感動的な瞬間でした

そして子供のキリンに出会った

木々の間から顔を覗かせていた

可愛かった!

長く鋭いトゲで葉を守っているアカシアの木が好物で、

長い舌で鋭いトゲまで上手に巻き取って食べるそうだ!


ゲームドライブをしながらレンジャーさんは

動物達の食べるエサや

ブッシュマンの生活の知恵を教えてくれた

この自然がないと彼等は生きていけないし

動物達の領域を犯してはいけないこと

それは私達人間の生活の領域を守る事にも

繋がる事だと教えてくれた・・・

ゲームドライブの最後に、

とても見晴らしの良い所へ案内してくれた!

マプラ動物保護区は、ノーザン・プロビンス州のほぼ中央にあるのだそうだ 

広さ8,000ヘクタール、全長1,300mの専用滑走路を備えている!

・・・と聞いても私の想像の外だった!

『この動物保護区はどこまでなの?』と訪ねた

『見えない!』

『エッ?! 』

ヨハネスブルグ市都市圏にあるテーマパーク!

1880年代のゴールドラッシュをテーマにした施設にいきました。

スピードを出して走る列車や、ジェット コースター、

鉱山の坑道めがけてものすごいスピードで落下する乗り物や観覧車、

レストラン、バー、ファストフードもあり、

一日中大人も子供も楽しめるエリアです。

そして、ここで働く女性を描かせて頂きました。

笑顔が可愛らしい女の子に出会い、私は失礼にも突然カメラを向け、

スマイル、スマイルと、女の子に言いました。

そしたら先輩のおばちゃんがやってきて、

おどけた顔をして「スマイル、オー、スマイルー」ワッハハハーと大笑い!

ここでもオバチャンに助けられて、絵が完成しました。

ありがとうございました。

*緑と砂の大地の上で*

流れている 湧いている 弾んでいる 絶え間なく

悲しみ彼方にあるもの・・・

喜びの彼方にあるもの・・・

時には残酷で 時には平和で

例えば鬼の顔 たとえば天使の顔

けど今日を生きよう!

流れている 湧いている 弾んでいる 絶え間なく・・・

アメリカ大陸には、肌の色に関係なくアメリカ人がいた!

オーストラリア大陸にも、オーストラリア人がいた!

アフリカ大陸では・・・

「〇〇で生まれた、〇〇人です!」

「〇〇で生まれた、〇〇族です!」・・・と自己紹介していた!

両親日本人で、当然のように日本で生まれて育ってきた私にとって

この自己紹介は衝撃的でした

夜、テーブルマウンテンの隣のライオンが横たわっているように見えるといわれている

小高い山シグナルヒル(標高350m)からケープタウンの夜景を見た!

どこまででも続いている美しい夜景

それはそれはとっても感動する本当に美しい夜景だった

そして・・・

この素晴らしい輝きの下に落とされた貧困や差別の無数の影は

いつの世に、影でなくなるのだろう・・・

プレトリアにあった「開拓者の碑」にはこう記されていた

・・・アフリカのために私達はいる!・・・

21世紀の今、この私達が・・・世界中の私達であってほしいと祈った

アフリカ大陸の南端に位置するテーブルマウンテン国立公園は

南アフリカ固有種をはじめ、豊かな植物多様性が残されていることからユネスコの世界自然遺産に登録されています

ケープタウンのランドマークと言える山は、市街地から急激に切り立った岩山で標高は1086m!

自動車やバスでロープウェイ駅まで行けて、駅からロープウェイで山頂まで登ることができ、ケープタウン周辺を一望できます

平らな山頂は広いので、めずらしい高山植物をみながら散策するのも楽しいです

又、可愛らしい小動物・ケープハイラックス(イワダヌキ目イワダヌキ科ハイラックス属の1種で、ハイラックス属唯一の現生種)をたくさん見かけました

1488年ポルトガルの当時の国王ジョアン2世に、

アジアとの交易ルートを探す事を命ぜられた

航海者のバルトロメウ・ディアスが発見した峰。

航海中ディアスは嵐に遭い偶然見つけた岬だったことから「嵐の岬」と付けたそうですが、

発見を喜んだ国王は「喜望峰」(Cabo da Boa Esperanca) と名付けたそうです。

その後ヴァスコ・ダ・ガマが実際にインドまでのルートを確立させた事により、

インドとの香辛料貿易が活発となり、西洋人の食生活には欠かせないものとなった。

そしてポルトガルは繁栄しヨーロッパでの勢力を高めていったそうです。

喜望峰の先端に立つと、視界の全てがほぼ地平線!

この海に出ていった当時の冒険家たちが抱いた夢と希望が

あの地平線の彼方へと繋がっていたと思うと興奮してきた。

強風と荒波は怖い!…嵐もやってくる…

だけど進まなければ何も得られない!

ものすごーい勢いで勇気が湧いてきた。

一歩踏み出す勇気が湧いてきた!

ありがとう・・・喜望峰!