喜望峰☆Cabo da Boa Esperanca・South African Memories

1488年ポルトガルの当時の国王ジョアン2世に、

アジアとの交易ルートを探す事を命ぜられた

航海者のバルトロメウ・ディアスが発見した峰。

航海中ディアスは嵐に遭い偶然見つけた岬だったことから「嵐の岬」と付けたそうですが、

発見を喜んだ国王は「喜望峰」(Cabo da Boa Esperanca) と名付けたそうです。

その後ヴァスコ・ダ・ガマが実際にインドまでのルートを確立させた事により、

インドとの香辛料貿易が活発となり、西洋人の食生活には欠かせないものとなった。

そしてポルトガルは繁栄しヨーロッパでの勢力を高めていったそうです。

喜望峰の先端に立つと、視界の全てがほぼ地平線!

この海に出ていった当時の冒険家たちが抱いた夢と希望が

あの地平線の彼方へと繋がっていたと思うと興奮してきた。

強風と荒波は怖い!…嵐もやってくる…

だけど進まなければ何も得られない!

ものすごーい勢いで勇気が湧いてきた。

一歩踏み出す勇気が湧いてきた!

ありがとう・・・喜望峰!


Satsuki Natsukawa Official site

…Eye trip!… Memory of the journey 訪問した国 48ケ国 夏川さつき 公式サイト

0コメント

  • 1000 / 1000